<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

10時出勤。なのに起きたら9時半。言い訳は「区役所に行ったら混んでました」

べべちゃんはおしゃべりです。わたしはべべちゃんの通訳が得意です。いつもなにか言いたそうな顔をしているので代理で言葉にしてあげるとべべちゃんは大喜びしてくれます。
あ、すみません。ちょっとイタいですね。でも「代理音声」を聞いた人はみんな納得するんですよ。

昨日は、足を運ばなければいけないけどすぐに済む用事で神戸に行ってました。前の晩は行くのがめんどくさくてダルダルだったのですが、ベッドに入って「あそこ行こう」や「こっちに行こう」なんて考えてるうちにテンション上がってきて朝は遠足の当日みたいに早く目が覚め、6時半から起きてました。
落語を聴きつつウキウキで行ってきたけど、行きたいお店はみごとに定休日。テンション下がりてどんより。なんとかかんとか気力を振り絞って輸入食材屋を2軒だけまわってきました。
今年初めて履くサンダル履いたら、夜には靴ズレが指に5つ!!それも結構な大きさ。なんか痛いとは思ってたけど痛みに驚いたよりも、気づかない自分に驚きました。足の先の感覚がないのでは!?と糖尿病の疑いあり。
f0102137_15401533.jpg

またカレーですよ。毎週カレーですよ。わたしのカレーは長時間煮こむ必要がないのばかりで「カレーでいいか」となってしまうのです。で、益々横着して鍋ごとテーブルに出すの巻き。ルク持っててよかった(笑)
f0102137_15505334.jpg

画像の色が飛んでお米の粒がよく見えませんが、このお米がうんまいのです。相変わらずの自画自賛(笑)家の中がジャスミンライスの香りになってうとーりしましーた。
ジャスミンライス1合半とタイ米1合半の合計3合で炊きました。今日は炊飯器で。
よりパラパラ感を出すために、普通のお米よりも少なめの水で炊いてみます。習慣ってのはやっかいで、いつも通り炊き上がって底からざっくり混ぜたら、折角の長いお米の粒が割れてしまいました。今度からはあまり混ぜないようにします。
「湯でこぼし」という蓋をせず、多めの水で炊いて途中でザルに上げてお湯を捨てるという方法もあるようなので今度はそれでやってみよっと。

カレーはイエローカレーペーストで。スリランカ料理を食べに行ったときに大根カレーなるものを食べたのがおいしかったので鶏肉と大根で。大根は大きめに切ったらみずみずしくておいしかったです。カレーペーストの袋のレシピにはココナッツミルクなんて書いてなかったけど入れてみたら甘くて辛いカレーになりました。
日本のお米よりも断然現地のお米のほうが合うね。それより先に日本の米がもうなーい。
f0102137_16291798.jpg

カレーのときはいつも迷います。カレーは必ずおかわりするし、それだけでお腹いっぱいになるから他におかずはいらないんじゃないかなって。でもやっぱりさっぱりした野菜がほしくなるのでこさえるのよね。服がほしい、化粧品がほしい、バッグがほしい、野菜がほしい。ほしいものだらけ。ついでに言うと靴もほしいです(笑)

モヤシ・人参・セロリ・白菜・カイワレ・ミョウガ。白菜は芯の部分だけを細切りにして(緑の部分は犬飯に)、モヤシは丁寧にヒゲも取りました。細切りにした野菜を盛ってナンプラーとギュッと絞ったレモンでシンプルに。
f0102137_163959.jpg

ちょっと前に作ったバターと茹でたジャガイモ、グリルで素焼きした白身魚の切り身をあわせたポテトサラダ。粉ふき芋の「粉」を噴かせすぎたのでジャガイモの形状なし。マッシュポテトみたいになってしまいました。カレーにも合うと思ったので、バターの塩味だけにしました。
f0102137_16451280.jpg

神戸で食材以外に唯一買い物したのはカレンダー。ロシアのカレンダーで祝日もロシアのまま。見にくいってば。もうひとつリビングにあるカレンダーはインドネシアのでこれも現地の祝日。結局見るのはケータイのカレンダーだったり(笑)

来週は釣りに行くのが楽しみ~。豆アジ・イワシ料理がたくさんできる予定。帰りに漁港にも寄りたいなぁ。
[PR]
by tomo-ko3 | 2007-06-21 16:02 | 家ごはん

パンダってかわいいけどお腹が汚いね。

有刺鉄線を張った花壇は全然効き目がないようなとっても悲しいコノゴロ。「トモちゃん、有刺鉄線1本じゃ甘いよ。ネットとかしなきゃ!」とか「落ち込まないでね」とか色々な心遣いありがとうございます。花壇を荒らされるのは悲しいけど、いつ枯らすかわからない花壇なのであまり過剰なことをしても管理する自信がないのです(笑)フルーツトマトがグイグイ大きくなってきてるのでそれだけが楽しみです。パセリと紫蘇とバジルは雑草扱い。勝手に大きくなってくれるのを祈るばかり。家庭菜園はわたしの趣味の域ではないのです(笑)

「トモコさんちはどこの食器を使ってるんですか?」という質問をごくたまに頂くのですが、申し訳ございませぬ。うちの食器はほとんど100均のと信楽焼きのB品が5点ほどなのです。100均もおしゃれ100均ではなくダイソーとか商店街のとか。そしてもう5年ほど食器を買い足してないのです。興味はあるけど収納がね・・・。うちには白いお皿が大2枚・中2枚しかないので白いお皿がほしいなぁ。あ゛ー白いお皿がほしいなぁ。大きなお皿がほしいなぁ。和食器が多いのは食事のいろどりを隠すためなんて以前は思っていたのですよ。今ではよくわからん発想ですが。
テーブルクロスはほとんどマライカの500円のです。お客さん用のは1000円ですが(笑)
f0102137_2264185.jpg

土曜日の晩御飯。寝すぎて目が腫れ放題で頭痛がした土曜日。買い物には行きませぬ。ちくわが冷蔵庫にあったので「天ぷらが食べたいなー誰か作ってくれないかなー」って思っても犬達は作ってくれませぬ。ひとりだったらちくわにキュウリを突っ込んで(なんか卑猥ねぇ(笑))おしまいにするとこだけどそういうわけにはいかないものですね。キュウリ嫌いがいる我が家は。キュウリおいしいのにね、ちくわキュウリでビール飲めるのにね。
f0102137_2211581.jpg

お鍋の中は、ココナッツ野菜スープ。フレンチトーストにしたココナッツの缶詰が残っていたのでスープに。お鍋にココナッツミルクとちょっとだけお水と固形ブイヨン。煮立ってきたら適当な野菜と鶏胸肉を入れて火が通ったら、ナンプラーと砂糖で味を調えて出来上がり。
野菜は、ナス・マッシュルーム・ピーマン・プチトマト。あるものならなんでもいいです。

いつもスープを作ってもヒロスケは食べない。たまに具だけ食べて汁は残す。もうそんなの馴れました。文句も言いませぬ。でもこれはね「これおいしいな!」って久しぶりにききました。ヒロスケ自ら「おいしい」と言うのは久しぶり。いつも何作っても「おいしい?」って訊かないと言いやがらないのでなんかわたしうれしくなりましたです。
f0102137_2221394.jpg

手前が冷やしナス。焼きなすの焼き加減と皮を剥くのが大の苦手なので、焼く前に皮を剥いてレンジでチン。あ、うちのは「チン」なんて言わない。ピ~ロリ~ロリ~ロリ~ンといいます。トースターは「チン」ね。そんなのどうでもいいね。
一から言い直し。
生のナスの皮を剥いて、アク抜きのため水にしばらくさらしてからレンジでチン。氷水でギュッギュっと冷やして、あらかじめ冷蔵庫に冷やしておいた出し汁をかけていただきマンボ。出汁は薄めに作っておいたら最後までズズズイっと飲めます。

カマンベールチーズが腐るほどあるのでサラダ。トマトと一緒にクレイジーソルトとお酢で和えておしまい。チーズとトマトの組み合わせは簡単でおいしいね。大好きです。
まだまだあるカマンベールはどうしようかな・・・パスタは苦手です。
f0102137_22292521.jpg

日曜日。グーグーグーグー昼前まで寝てたら「起きろー!」の声。犬達の散歩を済ませたヒロスケが掃除機かけてる。掃除なんてどうでもいいんですけど。日曜日ぐらいゆっくり寝かせてほしいんですけど。わたし毎日が日曜日みたいな生活してるんですけど(笑)
シーツ洗って、布団干して、お昼ご飯家で食べて犬達の散髪して、散歩にはるばるヘリポートまで行ってちょいと買い物してで盛りだくさんな普通の日曜日。犬達を泳ぎに連れて行きたいのに去年まで遊んでた琵琶湖のポイントが犬禁止になったらしい。新規開拓しなきゃいけないみたいね。残念・・・。

買い物行って、犬達洗って乾かして散髪してってなったら晩御飯作るのまんどくせー食べに行くのはもっとまんどくせーなので切るだけ晩御飯サムギョプサル。野菜ばかりなので足りなかったときの保険にバッテラ。酢飯嫌いがおりますのでわたしか食べませんが。500円のクロスどころか今日は新聞紙。
「ちょっと、写真撮るからお腹ひっこましや」と一応いうておきました。加齢に自覚がない我が家のヤング。
f0102137_23122839.jpg

豚バラ肉をカリカリに焼いて野菜と巻き巻き。サンチュに白ネギ・人参・セロリ・カイワレ・紫蘇・三つ葉・薬味葱とか色々。焼肉のタレをちょっと付けたりとか。キムチは忘れずに。キムチを冷蔵庫に入れるのが嫌いなわたし。開けるたびのキムチ臭が許せないのです。だから滅多に買いませぬ。完食しようと思ったけど無理ね。やっぱり残りは冷蔵庫に・・・。
焼肉のタレがなーい。なかったら作ってしまおうホトトギス。
自家製ニンニク醤油(醤油にニンニクを漬けてあるだけ)にコチュジャン・お酢・すりゴマ・ちょびっとケチャップ。すりリンゴとか入れるからケチャップでいいかなって(笑)ごま油入れるの忘れてたわ。
「へぇぇ トモコ焼肉のタレの中身なんかしってるんや」って感心されちゃった。いや、知らん(笑)適当やんか。それなりの味ができました。

家の中が油臭い・・・窓全開で換気扇フル稼働。
ホットプレートで焼いたのは引越しのときに鉄板を捨てたから。油を拭き拭き焼きました。
「トモコが捨てたんやろ」なんて言い出すヒロスケ。引越しするときはふたりともなんでも捨てるモードになってるやんか。ヒトのせいにするなんてひどいね。

わたしが捨てたんやけど(笑)
[PR]
by tomo-ko3 | 2007-06-18 21:48 | 日々 

「トモちゃんはお料理してくれるの?」ですって。

んっとー。一戸建てのおうちに越してきて早一年。蚊が多いことに参ったしてます。以前はマンションの4階だったから「蚊って誰?」みたいな生活だったのに。真夏のベランダで窓全開でお鍋できたのに。今の家の玄関ポーチで「焼肉しようよ」って言ったら「煙が近所迷惑やからあかん」と保護者から言われます。そうかなぁ?いいんじゃないかなぁ。肉は食わないので秋刀魚でいいから焼こうよ。その前に七輪買おうよ。
f0102137_22354270.jpg

麦がね、たくさんあるのですよ、押し麦が。お米は全然ないのにねぇ。いつも通りお鍋で適当な水加減で炊きます。水が多かったら途中で蓋開けて捨てます(笑)お米みたいにべちゃべちゃになることがないから炊くのはとても簡単。あのニオイさえなければ100%麦ご飯でもいいくらい。刑務所って半々なんだってねぇ。麦と米の割合が。うらやましいな。
f0102137_22405983.jpg

去年も作った麦ぺペロン。さっき去年のを読み返したらアンチョビ入れてた。なんか味が薄いと思ったらこれを入れなかったからなのね。アンチョビってのはほんといい仕事してくれてます。「魚介のイタリア料理」の本読んだらほとんどアンチョビ+魚介類なんです。素晴らしい食材なんですのね。うちにはあり余ってるから使えばよかった。
今回はアンチョビ入れるの忘れてたけどおいしかったよ。ちょっとパンチがなかっただけ。コクというのでしょうか。「あれ?あれ?なんか違う」って思いながらお塩入れてたらちょっと塩辛くなったぜベイビー。
f0102137_22474844.jpg

これ!ヒロスケから「トモコ、この組み合わせおかしいで」って言われたのは。レンズ豆とミンチのココナッツカレーなんだけど、お米がないから新ジャガでいいかな~って湯がいてかけたら組み合わせがおかしかったらしい(笑)
だってねーヒロスケがジャガイモ好きっていうからわたしはあまり好きじゃないけどいっぱい湯がいたわけよ。それなのに・・・それなのに「おかしいで」とか「合えへんで」はなんじゃない?
いや・・・テーブルに出す前から「おかしいかもな」って思ってたんやけど(笑)
カレーはココナッツがよく効いてておいしかったのに残念ねぇ。わたしはルーだけ食べました。
レンズ豆おいしいねぇ。お湯で10分で戻すことができるから便利で好きです。
f0102137_2253486.jpg

これ、見た目がわたし的に好き。これも豆だけ。豆づくしね。この前の温野菜サラダみたいに茹でるときに塩・ローリエ・オリーブオイルを入れるだけで香りがかなりよくなります。モロッコインゲン・インゲン豆・キヌサヤ。冷蔵庫にあったからプチトマトも一緒に茹でてみた。あったかいトマトもおいしいね。食べるときはお塩のみ。お好みで胡椒ガリガリもおけー。

旅行にいきたいです。近場でいいです。もう海外なんて贅沢いいませぬ。
[PR]
by tomo-ko3 | 2007-06-16 22:31

「セレブやな~」ってそろそろ死語やないですか?片山くん。

実家にいる頃わたしはよく母から「もう、出て行き。お母さんはあんたのお手伝いさんちゃうで」と言われ続けていました。原因は遊びほうけて家には寝るだけに帰ってきて、洗濯も掃除も仕事持ちの母にやらせっぱなしだから。
「じゃあ、実家に住んでる同年代のお子達はどうやって遊ぶのだろう」って真剣に思ってました。みんな少しは家にいるのかもね。家事とかちょっとは手伝うのね。って結論に達しましたが実際のところどうなのかな?
そんな実家生活だったので、わたしの洗濯物は洗濯機から放り出され「ご飯もあんたの分はないから」と母の作ったおいしいお料理を目の前に、自分で作った変な料理を何度か食べたことがありました。半分泣きながら(笑)
妹に「お姉ちゃんに料理さしたら変なもんばっかりやな。へんなもん作らせたら誰よりもうまいな」と言われました。決して嫌味ではなく真剣に感心していたんだと思います(笑)
結婚してからも何にもお料理ができず、冷しゃぶとカツオのたたきの繰り返し。秋刀魚の塩焼き、キーマカレー、鍋このローテーション。でもスーパーの出来合いの物を買うのはイヤでなんやかんやとわけのわからんものを作ってました。
作る気のない日は「今日は吉野家にしようや。」「すき屋は牛丼の上に色々のってるらしいで」「あっこのラーメンはニンニクたっぷりでおいしそうや」「焼肉食べたいなぁ」毎日毎日ジャンキーにそんなことばっかり言うてました。

そんなわたしが中くらいの魚ならさばけるようになるなんてー!!食べたいものがまともなものが作れるようになるなんてー!!人間は成長するものですな。今でも掃除と洗濯は大嫌いですが。
f0102137_16132527.jpg
でもやっぱりアレンジ意欲というのが旺盛で今でも失敗が多く、作っても「トモコ、この味付けおかしいで」と野良犬からも言われる始末。野良犬のくせに好き嫌い多し。
この前行ったお魚レストランで見せてもらった「魚介のイタリア料理」って本。見せてもらった後にもう一度本屋さんで立ち読みしてからAmazonでお買い上げ。写真がとても美しいのと簡単そうだったから。簡単に言えば「魚介のイタリアンって何でもかんでもニンニクとオリーブオイルとアンチョビで味付けじゃん」ってな感じ。評価では難しいなんてあったけど、そんなの自分でアレンジすればいいじゃん(笑)やっぱり本の通りにはできませぬ。常に俺流で。

テーブル画像はまともなのがなかったので今日はなし。テーブル配置と照明の入れ替えをしたのでいつもと勝手が違ったのよん。




f0102137_16314547.jpg

麦とアサリの蒸し物。これまた本と大違い。レシピでは「フラーゴレ」っていう粒上のパスタを使うんだけどうちにはそんなのありませぬ。押し麦かクスクスしかないのよ。クスクスはちょっと粉くさいので押し麦で代用。鍋でいつもどおり適当な水の量&適当な時間で炊きました。もちろん途中で鍋は開けて覗きます(笑)きっとわたしに「細やかさ」ってのがあればもっとおいしいものができるんでしょうなぁ。あいにく母のお腹の中に忘れてきました「細やかさ」と「常識」ってのは。

ニンニクと刻んだアンチョビをオリーブオイルで熱して、香りが出てきたらアサリと水を投入。蓋をして3分ほどしてからアサリの口が開いた頃に炊いた押し麦を入れて火を切る。10分蒸らして、食べる前に塩コショウで調整してできあがり。
押し麦がアサリのスープをよく吸ってプリプリ。パスタよりも押し麦のほうが使い勝手がいいとおもう。粒パスタ使ったことないくせにそう思う(笑)仕上げにイタリアンパセリを添えるんだけど、ないのでアサリと同時にズッキーニもいれたりました。水気が多く出てスープみたいな感じ。これはうまいねーお客さん来たときにまたしてみよっと。
f0102137_16484720.jpg

鮭のホイル焼き。アルミホイルの上に玉ねぎとか人参とか適当な野菜と、塩コショウした鮭のせて口を閉める前にバターのせてトースターで30分。食べるときはそのままでもいいし、ポン酢で食べるのもよし。ポン酢は柑橘系じゃなく味ぽんで。醤油大目なので味ぽんのほうが合いますです。柑橘系はお鍋のときだけで。
f0102137_16521383.jpg

キュウリ~。でっかいキュウリが1本10円。10本も買いましたがな。色々作り放題。ピクルスにするのと、ちくわキュウリとか。今日はスライスしてカニカマととんぶりとで三杯酢和え。三杯酢ってお酢コップ3杯なんだってねー!わたし、知らなかった(うそ)
正式な三杯酢の作り方ってよくわからないので、醤油・砂糖・お酢で。たぶん、「1対1対1」ならいいのよね?ね?

出刃包丁ほしいなぁ。
お誕生日のプレゼントは「出刃で!」なんて素敵な主婦ね。
[PR]
by tomo-ko3 | 2007-06-09 23:52

もう野菜を育てたいとかそんな次元の話じゃないの。

ふい~っと。どんどんどんどん画像は溜まってくる→でもUPする気なす→でも削除できない→また写真を撮る→どんどんどんどん画像は溜まってくるってエンドレスな日々ですな。

そろそろUPドキッ。パソコンによって文字が横に広がりすぎて読みにくいらしいのでスキン変更してみまソた。こういう枠に入ってようなのって好きじゃないんだけどね、束縛されてるようで。「シンプルが一番!」なんていいながら結構派手な生活してんだけど(笑)

こないだの神戸のお料理屋さんがとってもおいしくて、最近落ち込み気味だった料理欲も一気に上昇。もう魚で遊ぶのが楽しくて。魚と野菜はカロリーゼロなんて信じて病まないわたし(笑)でもねーヒロスケどんどんコロコロしてくるの。自覚ないの。なんでかなー魚と野菜ばかりの晩御飯なのに。体重だけで判断するなと声を大にして言いたいですな。まあいいや、人のことは。
f0102137_1445090.jpg

天然真鯛が2匹で698円なんてなってたら、魚ブーム全開のあたくしとしては買わなきゃねぇ。内臓もウロコも取ってあるなんて書いてあったくせに、職人さんよ、2匹とも半身しか処理してないのよさ。結局自分の直次郎包丁でウロコゴリゴリ。わたし、今日は急いでご飯作らないといけないんですけど。ご飯食べた後出かけるんですけど。うしし。
で、30分でスピードメニュ。見た目はタイソウやけどね。
f0102137_1450035.jpg

真鯛のグリル バルサミコソース。
魚焼きグリルに放り込んで20分ほど焼いた魚に、バルサミコ・醤油をフライパンでインゲン豆とかプチトマトとかブラックオリーブとかの野菜と一緒に煮詰めて、魚にかけるだけ。なんでもかんでもに胡椒をガリガリするわたしはここにもガリガリ。
魚はなんでもいいと思うね。野菜も見た目さえかわいければなんでもいいと思う。
この前読んだプロの料理本で、「盛り付けさえ良ければ適当でもいい」なんて勝手な適当加減で解釈いたしました(笑)終わりよければすべてよし的な思い。
f0102137_14573624.jpg

「お魚ちゃん、ちょっと工夫でこの旨さ」神田川料理道場風で。
安売り鯛はもう1匹ありますよ。次の日も鯛ですよ。なんかのお祝いみたいやね。
f0102137_1503274.jpg

鯛めしなのん。初めてなのん。生の鯛のまま炊く方法もあるみたいだけど、わたしは焼く派でよろしく。ちょっと焼き目が恐いね。
といだお米に少なめに水加減して、醤油・お酒で調整。昆布をのせた上に鯛を置いて準備完了。強火で10分、弱火で8分、火を止めて蒸らしに15分「それまで絶対鍋の蓋は開けるな!!」なーんていいながらね、わたしお鍋を火にかけながら友達と電話してたら強火で20分も経ってんの。慌てて火を切って(電話は切らない)蓋開けて混ぜてみたらいい感じのオコゲ!!「はじめチョロチョロ中パッパ、赤子泣いても蓋取るな」なんて誰が言ったのかしらね。わたしのお米の炊き方なんてめちゃくちゃです。お鍋でお米炊くのは簡単です(笑)
f0102137_1591162.jpg

炊けたら身を全部ほぐしてご飯とまぜこぜ。頬の肉までこそげとりますわよ。昆布だって無駄にしたくないので細かく切ってご飯と混ぜる。
オコゲがカリカリで香ばしくておいしかったです。昆布を切って入れたのは大正解でいいアクセントになりました。鯛めしいいね~また作ろっと。
f0102137_1513538.jpg

今月の「あまから手帖」に載ってた豆の温野菜サラダ。豆の種類があまりなかったのでブロッコリーとカリフラワーと。この盛り合わせがやってみたかっただけでねースナップエンドウとかキヌサヤとか開いて盛ってみたかったの(笑)でもこうやって見ると質素やね。隙間だらけやね。本屋に行って見直したらなんか盛り方が違うし、ニンニク入れるの忘れてるし(笑)
でもねーわたしはこれで充分おいしくいただけましたわよ。
沸騰したお湯にオリーブオイル・ローリエ・塩を入れて普通に野菜を湯がく。お皿に盛ってから塩胡椒・ナンプラー・オリーブオイル・レモンを絞ってできあがり。ね、普通の温野菜サラダでしょ。いや、シンプルすぎる。それなのにねー盛り付けだけでおしゃれねー。湯がくときにローリエ入れるのがミソね。香りがぁぁぁ。気絶。
f0102137_15203370.jpg

どうやって作ったっけ?日を追うごとに作り方やら味やらを忘れてしまいます。ちょいと健忘症ぎみ。最近ね、お酢を使ってないなーって思ってお酢煮込みにしたんやった。使うってなったら大量にドボドボ(笑)
手羽元に水・お酢・薄口醤油・砂糖・みりん・スライス生姜・潰したニンニクを入れて火にかけて30分ほど炊いたらおわり。レモンがあったから絞ってみたらこれまたさっぱり。

台所で遊ぶの楽しいねーでも外で遊ぶのはもっと楽しいよ(笑)
[PR]
by tomo-ko3 | 2007-06-07 15:28 | 日々 

最近流行なのかサラリーマンのスーツのパンツの丈が短くて気になります。

ブログ引越ししよ~っとって作業してたけど、意外にややこしくほったらかしになりました。1年前の引越しほど作業意欲のわかないダメ人間。エキサイトが単純簡単なだけなのね。シンプルいや、機能がないっていうか・・・。
ってことで画像の加工は引越ししようってしてたほうの仕様にしてあるのでちっこいです。画像は大きいほうがあたしは好きなんだけど。大きいことはいいことだ。
f0102137_14144995.jpg

2週間近く前の話になるけど渋さ知らズのライブに行ってました。学園祭っぽいイベントで色々なバンドがでててみんな20分ぐらいのライブ。でも渋さは1時間。うれしかったです。相変わらずわけわからんかったです。で、やっぱりベタ惚れです。

ライブの後は六甲に移動して晩御飯。
友達の彼が経営する魚料理のお店。魚料理のお店って居酒屋とかお寿司屋さんが多いけど、ここはイタリアンとかちょい和食とかの創作料理。死んでても生きてても魚見てるだけで幸せなわたしは大興奮。素敵なお店に連れて来てくれてありがとう!って白目むいちゃってました。
f0102137_14153693.jpg

まずは前菜。量も多くて大満足なんだけど、中でもジャガイモ苦手なわたしでも気絶寸前だったのが、白身魚とジャガイモ和え。
友達の彼だからって初めてお会いしたシェフに馴れ馴れしくレシピとか教えてもらっちゃった。茹でたジャガイモにパセリと白身魚とエスカルゴバターを混ぜるだけ。成城石井にエスカルゴバター買いに行かねば。
f0102137_14164059.jpg

還暦ですか?ってな赤いポロシャツ着た老人の前にある赤い魚は金目鯛のグリル。グリルした魚を塩コショウでガーリックオイルで味付けしただけっぽい(うろ覚え)。おいしいの。それだけでおいしいの。見た目にもうんまいの。骨までしゃぶりついて胸焼けしちゃったの巻。いやしい性格が現れますな。脂ののった魚はねぶるなってひとつ勉強になりました。こういう盛り付けっていいな。豪快なのって好き。
f0102137_1417412.jpg

メニューにあったら注文必須のイカ墨パスタ。リゾットにもできたけど迷わずパスタ。イカ墨っておいしいよねー次の日は十二指腸潰瘍になったんじゃないかって焦るよねー(笑)耳のついたかわいい耳イカが入ってて感動。
うにのクリームパスタはシェフからのサービス。ウニ大好きです。こってり大好きです。海のものならなんでも好きです。お腹がすく→満腹中枢がイカれる→こってりを食らう→デブ道まっしぐら。これ、日本の伝統。
f0102137_14211693.jpg

厨房の中にあったお料理の本をこっそりチェックしてたわたし。トイレに行くときに「見せてくださ~い」ってお願いしたら「どうぞどうぞ」って快く見せていただけました。うーん素敵ング。無敵ング。イタリアンの本にはハーブ類も調味料も家にあるのでできるの。ちょっと発想を変えるだけで見た目も味も素敵になりそう。
なんでKIHACHIの本があるかっていうと、熊谷喜八っていうのは根っからの商売人で素材の原価計算なんかが素晴らしいんだって。ほお、お料理で商売するにはそういうノウハウも必要なのね。レシピ内容は家庭では無理。行程が多すぎるんですもの。

素晴らしいお料理のあとはアイスクリーム食べて、コンビニ寄ってお約束の芋ケンピって思ったのに売り切れ。芋ケンピのないコンビニはすぐに潰れるぞ。
帰ってモトコと一緒にお風呂に入って寝ましたとさ。良い一日でした。
[PR]
by tomo-ko3 | 2007-06-07 14:21 | 日々