カテゴリ:外ごはん( 3 )

「京都観光は車で行くな」なんていうけど車で行きました。せーかい!

京都に行きました。今回も長いよー濃いよー(笑)

何度も何度も行ったことあるけど、今回の京都が今までで一番京都らしくおいしくたのしくいい日帰り旅行。京都観光した!って気分で帰ってきたけど、思い起こせばただの食べ歩き(笑)

当日の天気予報は昼から雨。車で行くか、電車で行くか前日まで迷ってたんだけど、京都市北区のほうをうろうろしようと思ってたので、電車賃やバス代なんかを考えると車のほうが断然お得だったので車で。
わたしの予定では午前中に上賀茂神社→食事→三千院だったんだけど、午前中から早速予定変更。「金閣寺」の看板が目に付いて行ったことなかったので行ってみたのです。
f0102137_133592.jpg

拝観料は400円。こんなお札?とパンフレットをもらえます。お札は何の根拠もなく、「トイレの壁に貼るといいかも」と思ったけどなくしました(笑)
f0102137_154126.jpg

紅葉はもう終わってて落ち葉ばっかり。おじさんたちが全部集める掃除をしていました。気の遠くなる作業です・・・。
f0102137_171186.jpg

おおお~やっと見えた!金閣寺!実際はたいしたことないってのが本音(笑)結構小さいしね。かなちゃんが「これは一休さんの将軍様がいたとこだよ」って教えてくれてちょっと感動。「これ、将軍様の家にしたら小さいよねぇ。」なんて話してて、家に帰って「金閣寺って将軍様が住んでたとこらしいで」って言ったら「お寺に将軍様は住まんやろ」って言われました。言われてみればそうだ。でもちょっと「お寺にお坊さんは住んでるんじゃないの?」とか疑ってかかってるし(笑)

f0102137_117975.jpg

お昼ご飯ですよ。前の晩にお昼食べるとこ探しすぎて、いっぱいありすぎてわからなくなって「ここでいっか~」って決めた「さいき家」。前日に電話しても誰も出なくて予約はできず。金閣寺歩きながら電話しても誰も出ず。忙しくて取れないのかな~なんていいながら直接きてみました。
f0102137_126117.jpg

11時からお昼のお食事ができるんだけど、忙しいどころかまだ準備中っぽい雰囲気(笑)「大丈夫ですかぁ~・・・?」って聞いたら「どうぞー」ってかわいいお婆ちゃん(失礼、女将さん)がでてきてね、「個室いけますか?」って聞いたら大丈夫とのこと。この婆ちゃんがとってもいい味出してくれるんです(笑)

通されたお部屋は10畳ほどあるものすごく広いお部屋です。「掘り炬燵もありますし、すぐに温まりますよ」って言われたけど、かなちゃんなんて最後まで寒いーってコート脱げなかったよ(笑)

掘り炬燵があってお庭が見える個室でお食事・・・素敵です。どんなお料理かわくわくします。
f0102137_1295141.jpg

一番人気の「かまくら点心」。木の箱を開けると・・・
f0102137_133494.jpg

2段になってて、下は炊き合わせ。ハモに卵をつけてたいてあるのがおいしかった。カブもやわらかくってほくほく。上の段は、鴨とかサワラの西京漬け、床節の煮付け、柿の器の中にはゆり根とクワイのゴマ味噌和え。あとは銀杏でしょー赤いのはこんにゃくでしょー卵焼きとか10種類ぐらい入ってて、おいしくてかわいいのです。

「点心」って中華のイメージしかなかったけど、「ひとつひとつに心がこもってる」って意味があるのかな。
f0102137_3115162.jpg

お吸い物はズワイガニのすり身。ゆずの香りがいい香り。お造りは中トロ。
f0102137_140351.jpg

ご飯は鯛めし。混ぜご飯らしいんだけど、鯛のいい香りがしました。おかわりできます。前日まではマツタケご飯だったんだって。月に一度メニューが変更になるらしいです。

お食事を運んできていただいて5分後にお婆ちゃんが「ご飯のおかわりよろしいですか?」ってきてくれたんだけど、わたし達まだお食事の写真撮ってました。写真撮らないにしても5分は早すぎるよねぇ(笑)それから2度ほどきてくれたけどまだ食べ終わってないし、襖をきっちり閉めてくれないから寒い寒い。部屋が広くて中々温まらないのです。
食べ終わったタイミングでは「どうですか?」ってのがなかったので、自分でお願いしにいこうと襖を開けたら、お婆ちゃんは襖を開けたとこで待機しててわたしはびっくり。てんこ盛りのおかわりをお願いしたら、仏さんにお供えするぐらいに盛ってきてくれました。全部食べましたよ。

おいしいお食事に素敵なお部屋でお食事できるお店なのに、お客さんはわたし達1組だけ。
なんでかなぁ。HPもあるし、梅田阪急にお節の出店もしてるし、京都駅前には佃煮屋さんもあるのにね。お部屋は道に面してないので車の騒音が全く聞こえないので、静かに食べることができたし、また行きたいお店です。
f0102137_1554056.jpg

お店を出てデザートを食べに行くことに。お食事にはデザートがついてなかったのです。
でもなぜか豆腐屋(笑)(堤食品 075-491-9422 京都府京都市北区小山元町2 )
さいき家からそんなに遠くない距離だったので歩いてでもいけたかも。

平日のお昼だったし、お揚げさんを揚げてるお母さんとたくさんお話ができて、お揚げさん作りの見学もさせてもらいました。
f0102137_1583183.jpg

「揚げたてのお揚げさんはおいしそうね~」って言ってたら、奥から息子さんがでてこられて「今食べたらいいよ」といって奥の自宅からお皿とポン酢を持ってきて、揚げたてを食べさせてくれました。大豆の油で揚げたお揚げをあつあつのまま!わたしの歯形つきだけど雰囲気わかるかな(笑)
くみ上げ豆腐とお揚げさん1枚と豆乳プリンを買って帰りました。
豆乳プリンはスプーンがなかったので車の中で蓋ですくって食べました(笑)

それからようやく上賀茂神社へ。観光らしい観光2つ目です。
f0102137_244720.jpg

広い敷地内にある「神様の代わりのお山」とかなんとかそんなん。高さ1mちょっとなんだけど作るのに4時間かかるそうです。なんでそんなにかかるのかな。もっと要領よくつくったらそんなに時間かからないと思うけど。砂と水だけをこねて作るそうです。
入場は無料なんだけど、本殿に入るのには400円。400円払うと神主さん?っぽい人が上賀茂神社の由来や物語の説明をしてくれます。「え~当社はですね~」「当社の補修の際は~」当社当社と言うのが気になったんだけど、神社だから当社なのねと納得(笑)

案内はわたし達2人と埼玉から1人で観光にこられたお上品な女性と3人だけ。週末や晴れの日なんかはもっとたくさんで話を聞くんだろうから得した気分。
上賀茂神社には馬がいるっていうので楽しみにしてきたのに聞いてみると、平日は京都産業大学で運動をして、週末だけ神社にいるそうです。残念・・・。
f0102137_2143922.jpg

紅葉が少しだけ残っていました。
お上品な女性と3人で色々立ち話をして、お食事の場所が決まってないというのでさっきのさいき家のパンフレットを渡してお勧めしときました(笑)

それからまた金閣寺方面に戻って、楽しみにしていたロシア雑貨のVesnaへ。わたしはここが楽しみで楽しみでしょうがなかったのです。
ずっと前からマトリョーシカ(ロシアのこけしのようなもの。木の中からどんどん小さいのがでてくるやつ)を探してたんだけど、気に入るのが全然なくてマトリョーシカジプシーだったのです(笑)
お店に入って大興奮!!大好きなチェブラーシカもたくさんいるし、マトリョーシカのセンスも抜群!!お店の方とマトリョーシカの顔の良し悪しの話で盛り上がり、わたしはマトリョーシカのことを良く知っていると誉めていただきました(笑)ずいぶん前から探していたのでいい子にたくさんめぐり会えてうれしかったー!チェブラーシカのDVDを持ってますって言ったらとっても喜んでくれました。「奥が深い内容なので何度も見てください」って。

かわいいマトちゃんを買えたのでほくほくで次の目的地、豆大福が有名な和菓子屋さん出町ふたばへ。どんだけ食べるん?って感じ(笑)わたしはね、とめどなく食べることができるんですよ。
行列ができていたけど流れが悪くないのですんなり購入可。どっかでお茶しようねって言ってたのにわたしは豆大福が我慢できず車で食す(笑)塩味の利いたとてもやわらかいお餅で、つぶ餡なんだけどこし餡に近いです。

それからまた移動。たまたま通りかかった大阪・堀江にもあるアジア雑貨のAGURA kyoto店へ行ってから、目的の北欧雑貨中心のangers(アンジェ)へ。女房がおしいものを食べて、遊びまわってる間、一生懸命働いてる夫へのおみやげを購入。ハービスやダイヤモンドシティーのアンジェよりも広くてたくさん商品がありました。

それから締めはデザート!!最後も食べます。でもね、これだけ回ったのにまだ夕方5時とても充実した1日です。
f0102137_315213.jpg

祇園まで行き京きななでアイスクリーム。色々な雑誌に載ってるし、いつも並んでると聞いていたので楽しみにしてたんだけど、アイスクリームの形したソフトクリームでした。
味は、スタンダードなプレーン。きなこ味です。店構えは京都のお茶屋さんぽい感じで女性が好む雰囲気。いつもは並んでると聞いていたけど、雨の夕方だからかわたし達のほかに1組いただけで、最後はわたし達だけになりました。

帰りは渋滞ってほどでもなかったけど車が多く、行きより時間がかかったけど日中が楽しかったせいか、疲れも感じずに帰ることができました。
ね、観光というより食べ歩きでしょ(笑)

祇園辺りの観光に行くなら絶対電車だと思うけど、それ以外なら絶対に車がいい!
色々な人と楽しいお話ができて楽しい「素敵な女性と出会った小旅行」でした。
近々、マトちゃんをまた見に行きたいです(笑)
[PR]
by tomo-ko3 | 2006-12-07 00:43 | 外ごはん

春雨と同じじゃん?と思ってた不良主婦のわたし。

先週土曜日、ヒロスケが残業で夜中まで仕事やねん・・・っていう。
口では「かわいそうになぁ。がんばりや!」とかいいながら不良主婦は古いツレとデートしてきました。

心斎橋で待ち合わせして、何食うべ?とか聞いておきながらわたしの足は自分で決めてきた中華料理屋へ。
もう会ったしょっぱなから「最近筋トレ週何回やってる?」とか「最近背中の筋肉がさぁ」とか「○○でプロテイン5kgが安かったで」とか半年振りぐらいに会うのに筋トレの話ばっかり(笑)
プロテイン5kgってあなた、ドッグフードじゃないんですから・・・。
Grand f China(グランエフチャイナ)
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-19-3 横山ビル2F
電話番号: 06-6282-2772
営業時間: 5:30PM〜2:00AM 
f0102137_2357356.jpg

思っていた以上に小さい小さいお店。でも満席御礼な雰囲気で、わたし達はたまたまカウンター席に座れた。わたし達のあとに来た人は断られてたよ。
狭い店内なので店内写真も撮りづらく、わかりにくいカウンターのみ。
シェフ1人とホール係りの中国人と思われるかわいらしい日本語を使う女の子3人の店内。
5500円のコースがお勧めとあったけど、最初なので3800円のコースをチョイス。
f0102137_00791.jpg

まずは前菜。蒸し手羽先がほんのり生姜が聞いてて好みの味。エビは食べやすく剥いてある。前菜だけにシンプルで薄味なんだけど、中華の味が漂う。
f0102137_05595.jpg

最後のお楽しみみたいな感じかとおもいきや、いきなりふかひれの登場。
「ふうん ふかひれねぇ・・・」って春雨程度にしか考えてなかったのに食べてみて超びっくりまん。
スープの味が濃くて、牛バラ肉(たぶん)のお肉の風味がすごいんです。ツレと2人で「こんなにふかひれっておいしいんやなぁ」って何度もいいました。「お皿なめてもいいか?」ってちょっと聞いてみたり(笑)今度は絶対5500円のコースで姿煮にしよう。クリスマスはここにしようかと考え中。
f0102137_035469.jpg

お次はエビマヨ。エビマヨなんだけど、半生ホタテも入っててなんか得した気分。
甘めのマヨで酸味はあまりなく食べやすい。
f0102137_0111470.jpg

これがまたわたし好みなんですよ。お酢がきついの!すごい酸味で頭ブルブル震わせてたべたよ。おツレ様は「ちょっと酸味きついな・・・」って行ってました。たしかにね。わたしは好きだけど。
f0102137_013083.jpg

締めはチャーハン。あ~昨日アメ村の眠眠でヒロスケが食べたカレーチャーハンとはわけが違う(あれはあれでおいしいけど)ご飯がパラパラで油でギトギトしてなくて、お腹いっぱいでも胸焼けせずに食べられました。んまくて噛締めたよ。。。
f0102137_015288.jpg

マンゴープリン。わたし、マンゴープリンってそんなブームになるほどおいしいかな?程度にしか考えてなかったんだけどね、こりゃおいしいね!トロトロで形がないの。果肉もしっかり入ってたし。
食事が終わってからシェフとお話したんだけど、ここのマンゴープリンは一般的なマンゴープリンの使うゼラチンの量の10%程度しか使ってないんだって。
泡立てた生クリームに少しずつマンゴーを加えて、ほんの少しゼラチンを入れるだけ。すべて手作業なんだそうです。
上にかかってるのはココナッツミルク。このマンゴープリンだけでも食べに行く価値あるかも。

注文する前に「苦手なものはありますか?」とか、お料理の出てくるタイミングとかすごく細やかでまた行きたいと思うお店でした。

お食事の後は夜お茶。パフェとか飲んじゃったり。またビールも飲んじゃったり。
しかし、お茶だけで終わるわけもなく、グランカフェのイベントに行きました。
HOUSEイベントってのもあったけど、わたしはポールダンスに萌え。
ツレは中華料理屋の中国人のホールの女の子のスリットに萌えだったらしいですが。
f0102137_0253191.jpg

ダンサーの女の子「冬にMIGOTO OSAKAのイベントで会いましたよね?」とかってちょっと話してみた。「覚えててくれたんですね~」って言ってくれたよ。
わたしは彼女達の筋肉ばっかり見てました。あたしにはああいう筋肉はないな・・・。
かっこよかったなぁ。

あまり飲まんとこうとか思いながら結構飲んだ。そしてわたしはびっくりするような方法で家に帰ってきたのでした。
[PR]
by tomo-ko3 | 2006-11-23 00:41 | 外ごはん

バイクと車では距離感が違うのね。

日曜日。ヒロスケが2週間ぶりの休みだよぉ。それに超いいお天気!
早起きして犬達散歩してヘロヘロにさせて「どこいく?」
「なんばマルイ行こうや」ってヒロスケ。
「あほか~こんないいお天気やのに近所の雨でもいけるようなとこ行ってもしゃーないやん。久しぶりにバイクで神戸行こうや
「え~車か電車で行こうや~」
はい、バイクに決定。決定権はあなたにはありません。バイクと言ったらバイクです。

阪神高速に乗る。すごい風。寒い・・・。
「なんかおとなしいな。トモコ」
「え~だってな、寒いし音楽ないし、しゃべるとき大きい声ださなあかんしな、車でくるのと距離感違うな・・・あんまし楽しくないな」キャハ♪
バイクでくるんじゃなかったっす。尼崎辺りから東灘ぐらいがとても遠く感じたっす。

まずは栄町散策。あたし、栄町ウロウロするの初めてで南船場っぽい雰囲気でチャリでチャリチャリしたい感じ。家具屋とか雑貨屋、ステキ本屋とかいっぱい。
それからは移動してトアウエストでブラブラ。
f0102137_15163341.jpg

古着屋でアザラシの毛のクラッチバッグが破格の値段であったので年末の為に購入。
こんな値段でいいんですか?って驚き。実際はこんなに黄色くないんだけどうちの照明が悪いよう。
ヒロスケはパンチングレザーのライダースGET。こちらは新品。
「パンチングは寒いよ」ってわたしは言ってるのに、ないするっきんぐがいの店員兄さんに「裏地があるから大丈夫ですよ」って言われて大丈夫と思ったみたい。なんでニョウボウの言うこと信じないかな、初めて会った男前兄さんのこと信じるかな。真冬になったら知らないから。

ウロウロした後は晩飯~!おいしいお料理作るにはおいしい外食をせねば。
ウロウロ途中、カフェで休憩しようかって何度もなったけど
「我慢我慢!これを乗り越えればおいしく晩御飯がいただけるんだぞ」って
何度もふたりで励ましあってたどり着いたスペイン料理。
テーブル席案内されたけどカウンターのほうがいいですって言ってカウンター。
わたし、厨房の中が見える席のほうが好き。厨房の中見ながら「もうできあがるで。次出てくるで」って言うのが好き。
f0102137_16463928.jpg

まずはサラミ盛り合わせ。わたしはビールで乾杯です。バイクの後ろつかまってるだけだから。
よく熟成されたサラミはビールに合います。カビがおいしかったよ。
f0102137_16465661.jpg

で、次はタパス3種盛り。5種にするか迷ったけどとりあえず3種。
鰹のカルパッチョ。下に敷いてあるチコリがおいしかった。白菜では代用できないね。
鰹もおいしかったけど、この前食べたデパ地下の焼きたて戻り鰹のたたきのほうが勝利。

秋刀魚のマリネ。やっぱり自分で作るマリネとは違うね。オリーブオイルの香りがとてもよかったです。秋刀魚はおいしいね。でも、鰯か秋刀魚かって言われればわたしは鰯派。魚の中で鰯が一番好き。トロよりも鰯が好き。

ホタテのガーリックグリル。これはおいしかった。秋刀魚と味付けはよく似ていたけどホタテの歯ごたえがよろし。
f0102137_16472248.jpg

手長海老のグリル。手長海老のメニューがあれば必ずオーダーしてしまうわたし。あの甘みが好きです。家では食べることのない海老。
でもね、ここのすごく細くて小さかったのが残念。プリプリ感が全然楽しめなかった。
f0102137_16474240.jpg

イベリコ豚の香味ソース。これはおいしかった!ほんとおいしかった!
お肉がとてもやわらかかったし、ソースが甘い不思議な味でいくらでも食べれる感じ。
目の前にいたシェフになんのソースなんですか?って聞いちゃった。だからカウンター席好きです。ソースは野菜をブイヨンで煮詰めただけなんだって。玉ねぎ・人参・セロリと重要なのはエシャロットらしい。
野菜の甘さを最大限に引き出したソースでした。これまた食べたいなぁ!
f0102137_1648233.jpg

締めはやっぱりパエリアでしょー!!
このパエリア、一回お米と具をフライパンで炒めてから炊いてたから全体が混ざって掘っていくと中から色々な具がでてくるの。お米の炊きあがりはけっこうしっとり。
昔2人でよく行ったメキシコ料理のパエージャは上に具をのせて炊いてて、お米がパラパラたんだけど、こっちが断然おいしかった。
スペインのパエリアとメキシコのパエージャの違いってここなのかな?
f0102137_15182650.jpg

デザートはお店で食べずに高架下でワッフル。ブラブラ途中、匂いにつられて食べたい食べたい!っていいながらグッと我慢して「食後に食べましょう。絶対食べましょう」って言ってた念願のワッフル。お店で食べたらいっぱい種類あったけど、お持ち帰りはイチゴシロップとチョコレートとプレーンのみ。チョコ好きな夫の為に優しいニョウボウはイチゴシロップを我慢しました。
チョコもおいしー!生クリームおいしー!

帰り道、わたしは帰りの寒さを考えて冬物ブルゾン&マフラー持ってきてたんだけど、ヒロスケ爺さんってば、「そんなに寒くないって。トモコは大げさなんや」って言って薄いジャケットのみ。
案の定、寒い寒いって買ったライダース出してきて着てたわ。ええ、わたしは腹の中で「また言ってる」って思いながら何も言いませんでしたけど。
次は京都辺りに電車で行きたいなぁ。
[PR]
by tomo-ko3 | 2006-10-17 17:08 | 外ごはん