「セレブやな~」ってそろそろ死語やないですか?片山くん。

実家にいる頃わたしはよく母から「もう、出て行き。お母さんはあんたのお手伝いさんちゃうで」と言われ続けていました。原因は遊びほうけて家には寝るだけに帰ってきて、洗濯も掃除も仕事持ちの母にやらせっぱなしだから。
「じゃあ、実家に住んでる同年代のお子達はどうやって遊ぶのだろう」って真剣に思ってました。みんな少しは家にいるのかもね。家事とかちょっとは手伝うのね。って結論に達しましたが実際のところどうなのかな?
そんな実家生活だったので、わたしの洗濯物は洗濯機から放り出され「ご飯もあんたの分はないから」と母の作ったおいしいお料理を目の前に、自分で作った変な料理を何度か食べたことがありました。半分泣きながら(笑)
妹に「お姉ちゃんに料理さしたら変なもんばっかりやな。へんなもん作らせたら誰よりもうまいな」と言われました。決して嫌味ではなく真剣に感心していたんだと思います(笑)
結婚してからも何にもお料理ができず、冷しゃぶとカツオのたたきの繰り返し。秋刀魚の塩焼き、キーマカレー、鍋このローテーション。でもスーパーの出来合いの物を買うのはイヤでなんやかんやとわけのわからんものを作ってました。
作る気のない日は「今日は吉野家にしようや。」「すき屋は牛丼の上に色々のってるらしいで」「あっこのラーメンはニンニクたっぷりでおいしそうや」「焼肉食べたいなぁ」毎日毎日ジャンキーにそんなことばっかり言うてました。

そんなわたしが中くらいの魚ならさばけるようになるなんてー!!食べたいものがまともなものが作れるようになるなんてー!!人間は成長するものですな。今でも掃除と洗濯は大嫌いですが。
f0102137_16132527.jpg
でもやっぱりアレンジ意欲というのが旺盛で今でも失敗が多く、作っても「トモコ、この味付けおかしいで」と野良犬からも言われる始末。野良犬のくせに好き嫌い多し。
この前行ったお魚レストランで見せてもらった「魚介のイタリア料理」って本。見せてもらった後にもう一度本屋さんで立ち読みしてからAmazonでお買い上げ。写真がとても美しいのと簡単そうだったから。簡単に言えば「魚介のイタリアンって何でもかんでもニンニクとオリーブオイルとアンチョビで味付けじゃん」ってな感じ。評価では難しいなんてあったけど、そんなの自分でアレンジすればいいじゃん(笑)やっぱり本の通りにはできませぬ。常に俺流で。

テーブル画像はまともなのがなかったので今日はなし。テーブル配置と照明の入れ替えをしたのでいつもと勝手が違ったのよん。




f0102137_16314547.jpg

麦とアサリの蒸し物。これまた本と大違い。レシピでは「フラーゴレ」っていう粒上のパスタを使うんだけどうちにはそんなのありませぬ。押し麦かクスクスしかないのよ。クスクスはちょっと粉くさいので押し麦で代用。鍋でいつもどおり適当な水の量&適当な時間で炊きました。もちろん途中で鍋は開けて覗きます(笑)きっとわたしに「細やかさ」ってのがあればもっとおいしいものができるんでしょうなぁ。あいにく母のお腹の中に忘れてきました「細やかさ」と「常識」ってのは。

ニンニクと刻んだアンチョビをオリーブオイルで熱して、香りが出てきたらアサリと水を投入。蓋をして3分ほどしてからアサリの口が開いた頃に炊いた押し麦を入れて火を切る。10分蒸らして、食べる前に塩コショウで調整してできあがり。
押し麦がアサリのスープをよく吸ってプリプリ。パスタよりも押し麦のほうが使い勝手がいいとおもう。粒パスタ使ったことないくせにそう思う(笑)仕上げにイタリアンパセリを添えるんだけど、ないのでアサリと同時にズッキーニもいれたりました。水気が多く出てスープみたいな感じ。これはうまいねーお客さん来たときにまたしてみよっと。
f0102137_16484720.jpg

鮭のホイル焼き。アルミホイルの上に玉ねぎとか人参とか適当な野菜と、塩コショウした鮭のせて口を閉める前にバターのせてトースターで30分。食べるときはそのままでもいいし、ポン酢で食べるのもよし。ポン酢は柑橘系じゃなく味ぽんで。醤油大目なので味ぽんのほうが合いますです。柑橘系はお鍋のときだけで。
f0102137_16521383.jpg

キュウリ~。でっかいキュウリが1本10円。10本も買いましたがな。色々作り放題。ピクルスにするのと、ちくわキュウリとか。今日はスライスしてカニカマととんぶりとで三杯酢和え。三杯酢ってお酢コップ3杯なんだってねー!わたし、知らなかった(うそ)
正式な三杯酢の作り方ってよくわからないので、醤油・砂糖・お酢で。たぶん、「1対1対1」ならいいのよね?ね?

出刃包丁ほしいなぁ。
お誕生日のプレゼントは「出刃で!」なんて素敵な主婦ね。
[PR]
by tomo-ko3 | 2007-06-09 23:52


<< 「トモちゃんはお料理してくれる... もう野菜を育てたいとかそんな次... >>