物欲なしなこの頃。時間がなによりもほしい。

あらま。もう木曜日。時が経つのは早いです。昼ごはん食べたと思ったらもう晩御飯。お風呂入って寝たらもう朝。コーヒー飲んだらもうお昼ごはん。なんか食べてばっかりね。

先週の土曜日、泉佐野市にある青空市場に行ってきました。もう、あたくし大興奮。
魚屋さんを見てるだけでキーキー言いながら大興奮。「大丈夫か?焦らんでもいいで。」ってびびるヒロスケ(笑)
まずは、市場上の食堂で遅いお昼ごはん。わたしはお刺身定食、ヒロスケは魚介類を七輪で焼くやつ。お造りとあったかいご飯の組み合わせってなんか好きじゃないんだけどね。でも完食。
食べることより下の市場に早く行きたくて、お刺身は飲んだ。味わうことなんかよりも早く市場に行きたくて、イカとかハマチとかゴクゴク飲んだもんね。モグモグ味わうヒロスケ置いてお先に市場へ。200m程の市場の中で値段の見極めの為、何往復したか。商売人みたいな血走った目になり、たまに楽しすぎになって白目(笑)
f0102137_12141853.jpg

買ってきた魚達はこで。多すぎるでもなく足りないでもなく。
左手前のでっかいムール貝みたいなキモ悪いのはタイラギ貝。ホタテ貝よりも歯ごたえがあってわたしは好き。老人には向いてないみたい(笑)でもね、甘みはホタテの勝利なんだな。
ザルに入ってるのはカタクチイワシ。ウロコは剥がれていないしとってもキレイで新鮮。犬飯にしてーフライにしてーアンチョビ漬けてーって想像は膨らむばかり。
赤いのは、でっかい甘エビと乾燥桜海老。
で、太刀魚一本は短く切ってもらっただけで、家でお造り用におろしてみる。これがまた面白い作業でね、魚をおろすのってここ最近やってみるようになったんだけど、太刀魚は初心者向きね。入門編ね。身が引き締まって硬いから、包丁を動かしても身がぶれないの。こりゃ面白い!っておろしてたら、塩焼きにする予定だった分まで3枚におろしててね、塩焼きペラペラ(笑)
で、一番手前のはアサリ。地物ですって。北朝鮮産じゃないんですって。大小まばらだけど選って使えば問題なす。
手前の白いパックはノレソレ。太刀魚の稚魚で透明。目玉だけが点々と見えてちょっと恐い。ツルンツルンのプルンプルンで気持ちいい食感(笑)生きた白魚って食べたことないから食べてみたいなぁ。ちょっとコリコリしてるのかな?
f0102137_12271232.jpg

市場で色々遅い時間に食べ過ぎたから、土曜の夜はちょこっとお刺身だけ食べて、後は日曜日のお昼にお料理。昼からモリモリ食べます。掃除機みたいに吸います。
食べる前から匂いをおつまみに飲むヒロスケ。匂いだけでビール2本。食べだしたら3本。あたくしにはできない技ざます。太刀魚の塩焼きとお刺身もチラリ。
f0102137_12321233.jpg

イワシはフライにしようと思ってたけど、ちょっと小さかったので手開きにして軽く小麦粉つけてガーリックオイル焼き。
フライパンに多めのオリーブオイルとニンニク・鷹の爪入れて揚げ焼きっぽくするだけ。いつものようにガンガン胡椒きかせてみるの刑。強火でサッと焼き目のつく程度。ニンニクを焦がさないように注意。レモンをギュウウウウって絞って食べたらうまくてね。これで一膳目のご飯完。
f0102137_12382937.jpg

タイラギ貝は実は失敗。思ってたより中身が小さくてね、殻の大きさに騙された!って軽く舌打ち。今度は重さで見極めてやる。いや、それより剥いたの買ったほうが良いな。ビジュアルで買ってしまう哀れな消費者から脱出したいお年頃。

お刺身は夜に食べたので、残りはバーナーで軽く焦げ目着けてお塩で食べようかとおもったけど、野菜料理がないことに気づき中華風。
タイラギ貝と小松菜のオイスターソース炒め。ホタテよりもあっさりした味なので濃いめの味付けでいけるかなとね。片栗粉を軽くはたいたタイラギ貝をサッと下茹で。ほんとにサッと。ごま油にスライスした生姜を1枚入れて、香りが出てきたら生姜を取り出してタイラギ貝(ホタテ貝てもOK)を入れてすこーしだけ焦げ目をつけ、人参・小松菜を入れたら小松菜に火が通らないうちに、お酒・オイスターソースを入れてお皿に盛ったら色がキレイ。
下茹でじゃなく油でサッと揚げたほうがおいしいのかな。お酒を紹興酒にしたほうがおいしそうね。次やってみよう。いや、やらない。
お酒とオイスターソースだけの味で充分でした。これだけでご飯2杯いけるね。
f0102137_14291760.jpg

アサリはお味噌汁に。漁師風貝汁っぽく山盛り持って気分を出してみた。でもね、ちょいと洋風。ネギがなくて刻んだセロリの葉っぱ。ネギよりあたし好きかも。お味噌は鹿児島のお味噌で甘め。本だしなんか入れてないよ。アサリの出汁とお味噌の味だけ。それだけでじゅーぶんでっす。左にぼんやり見えてるのはノレソレね。シソを刻んでポン酢でツルンズルンと。
f0102137_14372962.jpg

甘エビはそのままちょっとだけお醤油つけて。ヒロスケが「この頭、塩焼きしたらおいしいんちゃうか?」って言ってきたのは時遅し。ヒロスケの分までわたしが味噌をズーズー吸い尽くした後。早く早く言わなきゃ!

この後、甲子園にデイゲーム見に行ったんだけど、これだけ食べたのにおにぎり作って持って行った満腹中枢の狂ったわたし。2人で3合完食。いや、ヒロスケはお茶碗1杯ぐらい。なんかわたしも成長期みたい。

毎日市場に行きたい。毎日魚食いたい。毎日魚おろしたい。出刃包丁ほしい。
でも漁師になる根性なし。年齢でもアウト(笑)
[PR]
by tomo-ko3 | 2007-04-19 12:47 | 家ごはん


<< わたしの場合「賢いかアホか」に... ヒロスケに「オセロのかわいいほ... >>