それはね、丸々太らせてお前をスープにしてやろうと思ってるのさ・・・たくさんお食べ。

土曜日、ひろみちゃんが服買いに行くのついてきてって言うから久しぶりの梅田!って思っていってきたわけ。「絶対の絶対に化粧品は見ないからね!」って前もって言っておいた。2人で化粧品見だすと服なんて見ずでカウンターから離れないって失敗が何回あったか・・・。
まずはZARA。夏に比べてなんか魅力なくてね、10分ぐらいででてきた。「あと1000円安かったら買うのにな」っていう微妙な値段のばっかり。きっと真冬になったらほしいもんいっぱいになるんだろうな。今の時期はユニで十分っす。
で、NU~~。ほしいもんいっぱいあったけど買ってまでいらないってのんばかり。何にも買わないから自分で病気かなって思ったりw ひろみちゃんの試着見たりとかで十分楽しめて満足。
f0102137_23125392.jpgそれから成城石井いってハチミツ買おうと思ったら他の物まで買っちゃった。このクローバークレストは6個目。これ食べるまで純正ハチミツと水あめで薄めたハチミツとの違いがわからなかったけど今は全然違うってわかる!ケンタロウもお勧めしてたわ。パッケージもかわいくて捨てられない。
あとは2缶セールやってたアンチョビとEVオリーブオイルとピクルス用に白ワインビネガー。ピクルスをグレードアップさせちゃいますわよ。
それからも阪急百貨店いったりディアモール行ったり、一日中梅田を北から南へウロウロ。ヘロヘロ。自分の物買わなくても友達の服を選ぶのってすごく楽しいわ。自分が着ないような服着て似合ったらうれしいもん。

帰ったらヒロスケがいた。「飯どうすんの?」ってさ。外食したくなかったから作りま~す。アンチョビとかオリーブオイル使いたいからね。野菜がやたらに冷蔵庫にありましたのでね。
f0102137_23291797.jpg

わたしが席に着いて写真撮るのが待てないぐらいお腹すいてたみたいでヒロスケが撮ってくれたの。あんがと、上手に撮ってくれて。でも渡し箸やめてください。
EVオリーブオイルが使いたいからイタリアンっぽいのばっかり。疲れてたのにご飯したわたしに表彰状w
f0102137_2333424.jpg

トマトとクリームチーズのサラダ。プチトマトと角切りにしたクリームチーズを包丁でたたいたアンチョビと胡椒で和えた。塩はチーズとアンチョビで十分。ミドリのは花壇にで育ててるバジルでね、「ちょっと外のバジル摘んでくる」って言ったわたし、かっこいい!!夢だったのよ、「ちょっとバジル摘んでくる」ってのが!ハーブよ、ハーブ。最後にオイルかけておしまい。
f0102137_23391710.jpg

ナスとトマトのグリル。魚焼き器で焼いてパルメザンチーズとEVオイルだけ。野菜はおいしいね。オイルかけても気分はローカロリーだね。グングングングンバジルが育ってるからここにもアクセントに。残りのバジルは気温が下がって枯れたらいやなので来週ペーストにしちゃう。
f0102137_2343255.jpg

今日は何作ろうかな?とまとまりないまま作り出して、一番最初に仕込んだのがこれで、これを火にかけてるの忘れてパスタを作ったのです。キャベツと豚肉の重ね煮。豚肉とキャベツを交互に3回ぐらい重ねて、ブイヨンと塩コショウで15分蒸し煮。以上。いつもはキャベツでなく白菜とニラを入れるけど今日は冷蔵庫になかったの。冬はでっかい土鍋でこれだけが晩御飯って日が多々あるのです。たくさん食べても気分的にあまり食べてない気になるからいいw
f0102137_2349183.jpg
まだあるのよ、まだ。何品あるか数えないで作ってたらいっぱいできたのよ(汗)何人家族ですか?パーチーですか?って状態。「トモコ、なんぼほどでてくんねん。俺が太っても文句いうなよ」って言うからさ、「あたしが文句いうたことある?」って言い返しておきました。ペンネをソースで和えてるだけなんだけど、このガーリック&トマトソースがおいしいの。わたしのお母さんって、こういう市販のソースとかお惣菜って一切買わない人だったから、小さいころからこういうのって使ったら駄目なんだってなんとなく思ってたけど、市販のってのが食べてみたくてね、初めて買ってみたときあまりのおいしさに感動したよ。それからこれは常備してる。ブラックオリーブとブラウンマッシュルーム入れたらおいしかったよ。ストック買いに行ったらジャムの試食をしまくってしまってお腹いっぱいになるのよね~。
f0102137_033666.jpg
まだあんのw
前菜で出したんだけどね、デザートっていうかサラダっぽいっていうか。今日はこれが食べたかったから家で晩御飯したんだけどイマイチだったわけ・・・。生ハムピーチ。どっかのレストランのメニューで見てね、イチジクとかメロンじゃなくて桃なのね!って食べたくなったから生ハムかってきたんだけど、この生ハム選びが失敗。12ヶ月熟成の買ったらね、味が濃くて桃と合わない。熟成されてないやわらかい薄い生ハムなら合うんだろうけど、これは失敗。へんてこりんな味になってね、別々で食べたほうがおいしかった。桃に傷があるのは爪で剥いたからw 合う生ハムと果物の組み合わせで食べたときのハーモニーって素晴らしいね。わたし、1回だけ感じたことあるのよ、そういうベストな組み合わせのって。ワインと食べたらおいしそうな超熟成生ハムだったけど、わたしワイン飲まない。ヒロスケも今は痔持ちでアルコール控えめ。

食べ過ぎたねぇ。明日何も食べないZO!って思うのにお腹がすくわたしのバカ!ヒロスケのバカ!

ちょっと休憩してから、車で近くの河川敷に散歩に行っていっぱいボール投げして、わたしも走って帰ってきてカロリープラスマイナスゼロ!っていい気分になって帰ってきたわけだ。食べるって素敵。運動って素敵。って清々しく帰ってきた。。。

追記にします・・・



AM12:30
河川敷が夜露で濡れてて犬達の足がドロドロになったからお風呂場で順番に洗って話しかけてたらね、車をバックさせてたヒロスケが

「俺のバイクの横で猫が寝てるわ」って言いながら玄関を入ってきた。

「猫が寝てるん?かわいい?見に行ってくる!」ってわたしはすぐに出て行った。

家の敷地内に車は止めてあるんだけど玄関から見えなくて、歩いてるあいだに「そうや!冬には野良猫にダンボールでベッド作ってあげたら寝にくるかも」とか「近所迷惑になるからあかんかな」とか玄関から数m歩くあいだに考えた。

丸くなる猫を想像しながらバイクの横をみるとなんかおかしい・・・。
猫が横になってる。胴体を真横に倒して寝てる。あまりにも無防備な姿が変。

まさかと思って近づいてみた。
でも2mほど離れて。

それから、もうなんともいえない気持ちになって家に入った。
「なあなあ・・・あれは寝てへんで・・・あれは寝てるようには見えへんやろ・・・どないしよう」

「え?寝てたんちゃうん?」

この人の天然さに笑ってしまう。寝てる猫と死んでる猫の違いがわからんのか・・・。

うちの前の道は狭いけど案外交通量が多い。夜中にスピードを落とさす走る車もバイクも多い。
敷地内に猫の死体を置かれるような恨みをかう記憶もないので、おそらく交通事故で飛ばされてうちの駐車場に入ってしまったんじゃないかという結論。
ヒロスケは市役所に電話して取りに来てもらおうという。
わたしは絶対そういうのはいややと言うた。
日曜日には来てくれないだろうし、一晩でも置いておくのはいや。
それに市役所の人に連れて行ってもらうとなると絶対にゴミ扱いになる。
そういうのはわたしは絶対いやだったので公園に今から埋めに行こうとヒロスケに言った。
でも、わたしは触るのいややからなって。

引越しのダンボールがあったのでそこに入れようと、ヒロスケが軍手をはめたけど、

「俺無理。板かなんかでパタンと倒すわ」という。

「あかん、そんなんかわいそうやわ。抱っこしたってや」

「もうええやん。保健所に明日電話しよう。無理やわ」

「わかった。あたしがダンボール入れるわ。軍手貸して」

やめようというヒロスケを説得した。「今日埋めに行ってあげようよ。」って。
だってわたし、気になって寝れそうになかったから。
散歩に行く前はいなかったので、息を引き取ってから2時間も経っていないはず。
冷たくて硬かったら怖いけど、今なら生きてる猫とかわらないかもと思って持ち上げた。
普通の猫とかわらなかったからよかったけど、それがまた悲しかった。

全然知らない見たこともない猫だけど、かわいそうでかわいそうで涙が止まらなくなった。
とても大きい猫で、柄は猫村さんと一緒の頭の柄。体は真っ白だけど尻尾だけ黒。
雄か雌かもわからない猫だけどかわいそうでしょうがなかった。

もう夜中だったけど、次の日になると触る自信がなくて今晩のうちに埋めに行くことにした。
花壇用のちっさいスコップしかなかったけど、泣きながら一生懸命掘ってでっかい猫を埋めました。
穴掘ってるあいだも、ちっこい野良猫がきて「なにしてんの?」って見に来るし、
この辺はほんと野良猫が多い。見ない日はないぐらい。
全然知らない猫にこんなに泣けるのなら自分ちの子が死んだらどないなるんやろう。。。

ヒロスケのように役所へ電話して連れて行ってもらうのが普通と思う。
夜中の公園についてきてくれただけでもありがたい。
実際、わたしも死んだ猫は怖かったし。
でもやっぱり知らない猫でもゴミに出すってのがわたしには出来なかった。
埋めて安心して寝るこができた。

「トモコってさあ、そういうとこ優しいよなぁ。俺にももっと優しくしてくれや」

「はぁ?あたしのこと優しくないっておもってるん?」

「いや・・・ちょっと言うてみただけ・・・ごにょごにょごにょ・・・」

「なあなあ、猫村さん柄やったから明日朝起きたら恩返しにお掃除してご飯してくれてるかもよ」

「お前、恩着せがましいな」

朝起きても掃除した形跡はありませんでしたw

しかし、寝てる猫と死体を間違うかな・・・普通間違わないよねぇ。
[PR]
by tomo-ko3 | 2006-09-11 01:27 | 日々 


<< 痔とかお腹イタって介護保険使え... 久しぶりに「おいしそう!」って... >>