感覚がおかしい?

「それっておかしくない?なんか下品ぽい。」

「ん・・・?そんなことないと思うけど。」

先日友人2人とランチしてて漢字の読み方を指摘された。

「Kちゃんって野草の名前をたくさん知ってるよね。わたし尊敬するわ」
と、わたしが言ったときのこと。

「あのさ、トモちゃん、野草を訓読みするのはおかしいよ。
私、前から気になってたのよ。」

「ん~~?のぐさじゃないの?」

「普通はさ、やそうって読まない?」

うーん、そうとも読むな。でもなんか気取ってる気がする。
イメージが違ってわたしは納得いかない。
のぐさでもいいじゃん。
わたしのイメージとしては俳句や和歌なんかでは「のぐさの香る」みたいな、
ああいうイメージ。

「だってさ、ケータイでも変換できるよ」
と、やってみた。

の具さ
ありゃ・・・本当はやそうなのかしらね・・・。
散々おかしいおかしいと2人から言われた。
でもね、わたしは何度見ても「のぐさ」としか見えないのよ。
今だって「のぐさ」で変換してるし。(パソコンは一発変換w)

けん引」のことをわたしは「けんびき」と読む。
「けんいん」と読むのが普通らしい。
でもわたしの中では「けんびき」
昔の教習所では「けんびき」と習った気が・・・。

だってさ、住所で「北町」を「きたまち」と「きたちょう」と読み方があるし
場合によって訓読み音読みを使い分けてもいいのではないのか。

ケータイメールのときって文字をたくさん打つのがめんどくさいから
たとえば「しごとなか」と打って「仕事中」と変換する。
1文字少なく打つので済むから。
「1人」を変換する場合は数字の「1」と「ひと」で変換する。
「ひとり」で変換すると「一人」と一度目に出てくるから
「1ひと」と変換するほうが早く出てくる。
そんなのがあるから音読みのほうが何かと便利とわたしは思ったり。

ランチのときは、ぱっと単語を見て訓読みする派と音読みする派がいるのね、
ということで話は落ち着いたのだけどさ。


ランチの後、阪急百貨店で奈良のくるみの木の催し物をしてたのでいってきた。
GWに奈良へいった時とは違う商品がたくさん。
行列ができてどんどん物が売れていく。すごい人気あるのね。

そこでくるみの木オリジナルの食品が売られてた。
無添加のざくろジュースとかかつお節とかハチミツとか。
ジュースもハチミツも1ビン1000円程度。そんなもんでしょ。
その中で、かわいいビンに入ったケチャップが500mlで400円

わたしと友人1人とで
「なんかケチャップだけ安いよね。これなら買ってもいいよねぇ。
でも今日は雨やし重たいからやめよう。」

2人でそうだそうだと言っているところへ銀行に行ってた友人が帰ってきた。

おいしそうなケチャップを教えてあげようと
「なーなーケチャップだけ安いと思わん?おいしそうやしビンもかわいいよね」

と、言いました。

「安いかな?ケチャップなのに400円もするんだよ」

・・・

・・・

「そうやな・・・スーパーで買えばデルモンテで100円やもんな・・・」

百貨店という場所柄、麻痺していたようです。
400円のケチャップが安いという考えは撤回します。
買いにくくなったわたしは小心者なのでせうか・・・。

この催し物でわたしは椅子を買いました。
これ買う時も価値観の違いがでましたヨ。f0102137_23423691.jpg
[PR]
by tomo-ko3 | 2006-05-21 23:06 | 日々 


<< わたしでいいんですか? 母孝行。 >>