母孝行。

親孝行・・・してる?
うんにゃ、わたしはしてない。一切してない。
健康に育ったのが一番の親孝行って言うじゃない?
それでいいよねー!ってもうこの年齢では通らないわね。
あ、似顔絵とかかいちゃう?
いや、うちの母さんが許さない!
うちの母さんある意味怖いからね。ある意味偉大な人だからね。

母の日は日曜日だけど用事があるのでうちは土曜日に変更。変更?
日ごろの感謝もモノでごまかしましょうと、うちの母さんにはカゴバッグ。
ヒロスケのお母ちゃんには阪急百貨店で母の日弁当
懐石とかちょこちょこ出てくるお食事が好きなくせに、
あそこが痛いここが痛い、「更年期障害で腰が重いのよ」、
「なんかね、身体がだるいのよ」「食べてないのに太るのよ。」
なんやかんやと病気か病気でないかの理由で出不精のお母ちゃん。
母の日ぐらい好きなものをお食べなさい。とすんげーおいしそうな弁当注文。
f0102137_10837.jpg

「まあまあ、こんなに気ぃ 使っていらんのにぃ。
トモちゃんが作ってくれたんでしょ?
いえいえ、わたしはお作りできませんがな。見たらわかりますがな。
あかりにもかわいい、おいしそうなお弁当だったので写真を撮らせてもらう。
手毬寿司がメインでアワビとか入ってんのー。うまそっ。
ちょっとちょうだい」と言いたいのをグッと堪えましたわよ。

話は前後するんだけど、
ヒロスケのお母ちゃんにお弁当渡す前にわたしの実家に行ったわけ。
うちの母さんね、突然実家に帰ってもいないの。
「いついつ行くから」と予約しないといないのよ。なぜか。
だからね、「土曜日の夕方行きます」って3日前からメールしといたらいてくれた。
プレゼント渡して「ほな、今からヒロスケの実家行くから帰る」って行ったらさ、

「えー!ご飯一緒に食べへんの?
トモコが来るというたからわたし、予定変更したんやで。
お父さんもあんたらが来るいうたら楽しみにしてやったのに」

とおっしゃられた・・・。
うーん、平たく言うと「あんたのせいで予定がくるう」と言いたいらしい・・・
それも親父まで巻き込んで。

わかりました。
ヒロスケの実家行ってからまた戻ってきます・・・。
どんだけ離れてると思てるねんな・・・。

しかし戻ってくるのは堪忍してくれと頼みこみ、梅田で待ち合わせにしてもらう。

「なに食うべ?」って言ったらさ、
「あんた、ホットペッパーで調べとくって言うてたやん」と言われた。
いや、あなたが「私わりといい店知ってるねん」って言うたから探さなかったんですけど。

結局ビール飲みましょうってなってザ・ビア・カンパニーへ。
f0102137_1301053.jpg

まずはビールをピッチャーで。樽で出てくるっていいねー。
ぬるくならないし、雰囲気がいい。
誰が上手に入れれるかを競い合いだした。

「あんた下手やわ。私のほうが上手やわ」

そんなこと言いながら母さんのは泡がないじゃないの。
液体だけしかないじゃないの。
兎に角母さんは一番になりたいのね。
なんか父さんは「ヌルくならんからこれはいいわな」を連呼。飲む前から酔っ払い。
うちの父さんてさ、「猟奇的な彼女」を5回見て5回とも泣いたんだって。
これもある意味偉大だな。
f0102137_1364035.jpg

生ハムはもっと熟成した塩味のきいたのが好きだな。
ガーリックソーセージはね、噛んだら気が抜けた・・・。
パリッってシャウエッセンみたいなのを想像してたのに噛んだらヘニョてなったの。
「わたしこういうのダメ。」って言ったらさ、

「本場のソーセージはこんなんなんやで」

母さん、本場になんて行ったことないのに物知りね。

しっかし、おとんおかんヒロスケの酒のピッチにはついていけない。
同じペースで飲んでたらひっくり返ってしまう。
自分のペースで飲みながらもやっぱりちょっと早くなってしまったわ。
f0102137_1495738.jpg

ここって、世界中のビールが飲めるってのがウリみたいなんだけど
コストコで1本120円弱の「XXXX(フォーエックス)」が880円!!!
隣の席の人が飲んでたんだけどさ、
「電車代使ってわたしんちに飲みにおいで」って言いそうになったよ。
f0102137_1564260.jpg

ほっとけばまだまだビアホールに居座りそうだったけど
わたしは長居するのが嫌いなので2件目に行くことに。
ちょっと待ち時間があったのでウェイティングルームで待ってると
「申し訳ないです」って萌えがサービスででてきたのだ。
なかなかサービスよろしいな。また来てやるぞい。
でもいきなり父さんなんてさ、「甘い、甘すぎる。お父さんは飲めない」
って店員さんの前で言うわけ。わたしが2杯いただきましたわよ。
10分ほどの待ち時間で程良い酔いが冷めてしまい小だったけどまたこれで復活だわよ。

2軒目で調子よく飲み始めたのはいいが、母さんお得意の愛犬自慢が始まった。
もういいです、人んちのペット自慢と夢の話ほど聞いてて訳のわからん話はありませんです。
ヒロスケちゃんはあ~そうですか、うんうん、と聞いてる振りができるニクイヤツ。
感謝してるよ。
まったく聞く耳持たないわたしはメニューばかり見てフォンダンショコラとマンゴープリンをご注文。
熱々のドロドロチョコレートってどうしてこんなにおいしいのかしらね。
うまいうまいとチョコ食ってると、父さんが

「トモコ、28歳でアルツハイマーになるんやで、どうするよ?」

ん?どうもこうもね。。。わけがわかりませんですよ。。。

「私の頭の中の消しゴム」がどれだけかわいそうだったか泣きそうになりながら教えてくれるしさ。うんうんと聞いてやりたいがあまり興味がナッシングな映画なわけ。
ヒロスケの聞いてる振りができる特技をわたしも身に着けなきゃね。

電車の時間もきたことだしそろそろ帰りましょうかと気づけば請求書がわたしの前に。
ま、父さん母さんも喜んでくれたみたいだし良い母の日だったんではないでしょか。
「そんな姑、トモちゃんだからやっていけるんだよ」ってみんなが言うお母ちゃんや
得意技が逆切れだったりするうちの母さんでも生きててくれるだけ感謝です。
今度は父の日かぁ。。。
[PR]
by tomo-ko3 | 2006-05-15 02:01 | 日々 


<< 感覚がおかしい? アイデア次第。 >>