朝遊び。

わたしの遊びのスローガン

「朝遊びから夜遊びまで。誘われたら断ってはいけない。」

これを心に焼き付けて日々遊ぶことばかり考えておます。
んでもって今回は朝遊び。いや、早朝遊び。

前々からうわさに聞いていた東寺 弘法市
先週の金曜日に行ってまいりました。
毎月21日に開催される骨董市で1000店舗以上の市。
月曜日ぐらいから「今月は必ず行ってやる!」と心に決めて友達を誘った。

「朝から京都行くねんけど一緒に行く?
行けへんのやったらあたし一人ででも行くけど」

そんな誘い方されたら断れないよね^^;
いやいや、一人ででも行ってた。夜明け前に起きて準備して行ってた!

朝7時に駅のホームで待ち合わせして電車で行ってきましたYO!
f0102137_19311950.jpg
大体雰囲気はこんな感じ。
この画像の時間は9時前かな。
なんしか年寄りが多い!お寺での開催だし。
開催される時間は、早朝から3時ごろまで。そりゃ年寄りが多いわな。
f0102137_19314220.jpg

普通なんだけど昭和を感じさせる雰囲気のお店も何店か。
「三ツ矢サイダー」とか「サッポロ☆ビール」のコップが900円程の値段が付いてる。
昔に酒屋で貰えた物ばっかり。
マニアにはたまらんのだろうな。
f0102137_1932275.jpg
こういう箪笥がわたしは見たかったのよ。
これは両方とも5万円ぐらい。安いんだか高いんだか・・・。

「おっちゃん、これなんぼすんの?」

「85000円やけど今日持って帰ってくれるんやったら5万円にしたるわ」

必ずこういう言い方をしてくる。
最初から5万円と言われるより安く感じるからでしょうな。
f0102137_19322479.jpg
光って見にくい画像ね。ごめんちゃい。
ここはトンボ玉とかちりめんで作った小物のお店。
京都って感じをかもし出してます。
f0102137_19325528.jpg
アンティークの着物屋さんも沢山あって「1000円セール」っぽいのが多い。
普段着用の着物ってとこでしょうか。
f0102137_19331421.jpg

こんな埃っぽくて汚い糸巻きも商品になるんですな。
アンティークの鍵もザリザリのサビサビなのになぜかかわいい。
ここでは「愛知からきました~」って言ってた女の子がいたわ。
へええ そんなに有名なのねぇ。

って、ここまでのような「コギレイナ物」のお店はほんの一握り。

あとは

「なんじゃこりゃ?」

「誰が買うん?」

「こんなんどないして使うん?」

「どこで拾ってきたん?」

「これ売る気あんの?」


ってお店ばっかり。

f0102137_19334432.jpg
ここもそんな正真正銘のガラクタ売りのお店。
真ん中には木魚。引き出物やもらい物の食器類なんかまだいいほうで
割れた貯金箱や木彫りの熊、ひょうたん
三人官女のなかの一人だけとか、御内裏様なしでご結婚されるお雛様とか。
阪神タイガースのメガホンなんかもある。
もうなんでもあり。
画像を見ても得体の知れない物品ばかりで
何がなんだか把握できないね。
f0102137_1934463.jpg
ここもすごかった。
でも比較的見やすい店構えw
やたらに置物が多い。
へんなライオンとか壁にかかってる天狗はなんすか?
剣道の防具や巨大虫眼鏡
そろばんもやたらに多かった。巨大そろばん。
使い古して焦げ付いた鍋とか

「新品で買うほうがいいですよね?」

って物ばかり。

ガラクタ屋で共通してるのが「ひょうたん・カブト・傘・タヌキの置物
絶対に引越しで出るゴミですな。

でもわたしはちょっとおしゃれっぽいお店よりも
こういうわけのわからん物ばっかり売ってるお店のほうが好き。
笑えるんですもの!
「ちょっとあれみてみー」「なにこれ?誰が買うんやろー」と何度言い合ったか。
f0102137_19342373.jpg
この包丁屋さんは超恐い!!
わたし達が立ち止まったらワラワラ人が集まってきた。
集まるタイミングってのがあるんでしょうね。

商品の包丁でザクザクと材木を切り出した。

「ほんまに切れる包丁いうのはここまで切れるんや。
今のな、セラミックのは硬すぎてあかん。硬いもん切ったら割れてまうんや」

そう言って割れたセラミック包丁をバーンと放り投げた。
一同「ほ~~~~~~」

「せやけどな、これは硬い木ぃばっかり切れるんとちゃうで」

と、まな板にガーンと包丁を縦に突き刺しキュウリを切っていく。
紙切れをスススーーーと切っていく。

「赤ちゃんの産毛もスーーーっと剃れるんや」

誰が赤ちゃんの産毛を木片の切れる包丁で剃るねん・・・。

実演販売が終わりかけた頃おばちゃん達が「わたしにちょうだ~い」と
1000円を振ってほしがってる。おっさんの思うツボ
「オマケしとくわ。」と言って果物ナイフや肉きりナイフまで付いてきた。

「これはお得だわ!」

いえいえ、わたしは買ってません^^;

8時からうろうろして買い物が終わったのが11時半。
歩きすぎ~。
タクシーで河原町まで行ってイタリアンランチしました。

で、わたしが買った物は・・・。

f0102137_0505859.jpg

「お前なんやねんコレ」

「ん?すごいやろ~!こんだけを電車で持って帰ってきてんで。すごいと思わん?」

「すごいか知らんけどな、あれだけ無駄遣いするなと言うたんやで」

「どこが無駄遣いなん?引越ししたらな、カゴをいっぱい使って
見せる収納の家にするねん。」

「今の家でどこに置いとくねん。引越ししてから買え言うたやろ。」

「ん?知らん。その辺置いといたらいいやん」

「ほんでなんやねん、この魔法のランプみたいなやつ」

「あ・・・それな・・・お醤油をな・・・入れるねん・・・」

「はぁ?この汚いのんにか?」

「なによ!うるさいなー」

「うわ!なにこの革の旅行カバン。
見た目おしゃれやけど中身めっちゃ汚いやんか!
なに入れるん?こんな汚いのん」

「ん?見せる収納やんか!もううるさいねん!」

「こんな汚いのんを・・・ごにょごにょごにょ・・・」

f0102137_0511087.jpg

「なんなん?このでっかい皿。なにするんこれ。」
(直径50cmはあります)

「ん?バナナ置くねん」

「お前バナナ食うんか?」

「ううん 食えへん・・・」

「どこに置くん?」

「もーーー!!うるさいうるさい!!
あたしはうるさい夫を持って不幸やわ!
あーーもう疲れたから風呂入る!!」

「言うとくけどな、Kちゃんなんかな、チャボか名古屋コーチンか知らんけど
リアルな鶏がいっぱいプリントされたキルティングとかな、
粘土を丸めただけのお守りとかな、変なもん買ってるんやで。
あたしのんは実用的やで」

「ふうん・・・俺には実用的とは思えんけどなぁ・・・」

どうしてもわたしを否定したいみたいね。
あの楽しさは行って見ないとわからんもんなので
来月は日曜日に開催なので朝からたたき起こして連れて行こうと思います。


ちっこい箪笥(昔の裁縫箱) 2000円
竹籠バスケット 1500円
魔法のランプ 1000円
魚の大皿  500円

高いのか安いのか・・・いいものなのかそうでないのか・・・。
[PR]
by tomo-ko3 | 2006-04-26 01:12 | 日々 


<< バナナでも苺でもいいんです。 やっぱりおバカなものが好き。 >>